近年、SNSやソーシャルブックマークなどのソーシャルメディアがインターネットの人々の情報共有手段として、発展してきております。

導入メリット
いろいろな人々がサイトのコンテンツの情報に共感し、
各ソーシャルメディアに情報を発信し。その情報を見た第三者サイトに訪れる。
バイラルマーケティングを行う上での必須ツールです。

ソーシャルメディアアカウント運用 Facebook・twitter・Line・Google

各種ソーシャルメディアへの情報発信、アカウント運用、広告運用管理などを行います。

いいね!ボタンの設置

Facebook・twitter・mixi・Line・Yahoo・Googleなどのいいねボタンやソーシャルブックマークボタンを設置することで、情報共有され情報が拡散します。
ページコンテンツの画像を指定したり、連携に重要なノウハウがあります。

バイラルマーケティングの意図

マーケティングには様々なコンセプトがありますが、その一つに、バイラル・マーケティング(viral marketing)というものがあります。企業が商品やサービスを、消費者自身に口コミで宣伝してもらって、利用者を広げるというものです。「バイラル(viral)」とは「感染的な」という意味で、人から人へ情報が伝わっていく様を、コンピューター・ウィルスの感染・増殖に重ね合わせています。

バイラルマーケティングの効果

バイラルマーケティングにおいては、企業は既存顧客に、自社の商品やサービスを紹介・推奨してもらうように働きかけて、間接的に宣伝活動を行います。あらゆる商品・サービスにおいて、一番の購入・利用動機は、メディアによる広告でもなく、店頭による推奨でもなく、「友人・知人から聞いて」となっています。口コミで友人・知人から紹介・推奨されたものであれば、安心して購入・利用できます。バイラルマーケティングはこの口コミの威力を利用しているのです。

バイラルマーケティングの利点

また通常、人が紹介や推奨を行う場合、そのメッセージを受け入れてもらえそうな相手に対して行うため、邪魔なメッセージとなりにくいというメリットもあります。バイラルマーケティングにおいて、企業は口コミが発生しやすい環境を整えておくだけでいいのです。すなわち、メディアを使った広告よりも低コストで、高い効果を挙げられるマーケティングコンセプトです。

I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.