WEBサイト構築は、最高のアクセシビリティーで制作しています。

W3C:World Wide Web Consortium

W3CとはWWWで利用される技術の標準化をすすめる団体。

WWW技術に関わりの深い企業、大学・研究所、個人などが集まって、1994年10月に発足。

この団体が定めるガイドラインに従ってWEB標準htmlコーディングを行います。

この基準はJIS規格のウェブコンテンツJIS(JIS8341-3)よりも世界で通用する高い基準です。

また、ユーザビリティーやアクセシビリティーに配慮することは公官庁では一般的になってきております。

左記検索エンジンの検索アルゴリズム解析を独自に行っています。

WEB標準での構造化によるSEO効果もあるといわれておりますが、

各検索エンジンに通用するタグの使い方や内部SEO対策を完全にサポートしております。

また、競合の多いキーワードなどはSEO対策を定額及び完全成果報酬・コンサルティングで提供しています。

【コスト削減】

柔軟性、ファイル転送量、アクセシビリティを考慮することで、メンテナンスコスト等削減

【アクセシビリティ】

視覚障害者の方へも配慮したあらゆるサイト閲覧者に対応

【ユーザビリティ】

情報整理による、サイト閲覧者、並びにサイト管理者の使い勝手向上

【構造化】

人間、並びにコンピュータが、サイトにどのような情報があるかを理解できる構造

【柔軟性】

デザインの分離による拡張性の向上、並びにメンテナンス作業の削減

【物理的負荷軽減】

簡素化による、コードの量の減少、並びにファイルサイズの減少

03-5459-6666 お問い合わせ