ちょっと未来のWEBサイト

現在WEBサイトのアクセス解析効果測定ではページ毎に様々な情報を取得しているが、

ページコンテンツ毎のtagにlotのようなセンシング機能を追加、actionの数値を測定し
データが連動すると多くの改善が自動でできるようになる。

たとえば、
ヒートマッピング自動レイアウト改善機能。
ページのコンテンツの中で滞在時間の長いコンテンツを測定し順番を上位にする。

コンテンツの追加を促すキーワードを見つける。
検索ニーズがあり、クリック率が高いけど、直帰率の高い、欲求をかなえることが出来なかった検索キーワードを見つける。

フォームの入力で行き詰った部分を改善するように促す。
などなどWEBサイト運用でのアクセス解析やPDCA改善運用の経験値がAIシステムのベースになる。